当院の理念

1.こどもと家族に質の高い医療を提供する

お父さんやお母さん保護者の方が適切な受診の選択をすることができ、安心して病気の子どもを自宅でケアができるよう、お父さんやお母さんなどの保護者と手を携えて、子どもの最善を一緒に考えて行動することが小児科を専門とするクリニックの役割です。

2.子どもの健やかな成育を助けます

身体や臓器の成長とともに、心や感情の発達を、大人としての能力に達するまで責任をもって診ていくのが私たち子どもを専門とする医療者の役割です。このため、乳幼児健診や予防接種は小児科クリニックの中核です。予防接種プログラム、事故予防、感染症に対するホームケア、離乳食や食物アレルギーなどに対する食事の安全性と向上などを通して子どもの予防医療を実践し、子どもの健やかな成育を助けます。

3.子どもとのつながりを支えます

子どもに関する医療や保健に関する情報量は急速に増大しているため、これら全てを一人が把握することは不可能になってきています。また、子どもを取り巻く環境は家庭、保育園や幼稚園や学校、保健所や市役所などの公的サービスなど多様です。また、中耳炎などの耳鼻科的疾患や心の問題などの精神科領域などの他領域を専門にしている医師、夜間急病診療所や岡崎市民病院小児科や救急外来などと共同することが以前とくらべても多くなっています。そこで、私たち子ども専門の医療者は、子どもたちに最良のケアをするためにこれら子どもと関わりのある専門家と連携をとっていくことが必須です。

当院の理念

お子さまがすくすくと成長していくには、地域全体で育児や子育てをサポートしていく必要があります。だからこそ当院では、ご家族はもちろん、地域におけるネットワークを深めながら、院内でのミニ講座に加えて、栄養相談・食事指導、保育園での健康教育講座など、さまざまな活動を行い、地域全体で育児能力を上げていきたいと考えています。

診療案内・治療へのこだわり

「病気や事故の予防から救急医療・家庭でのホームケア」まで子どもの全てに関わる診療をドクターとナースがそれぞれの役割で行います

治療のために来院される患者さんだけでなく、子育てや予防接種・乳児健診など不安をいだいているご両親もたくさんいらっしゃいます。当院では病気の治療はもちろんのこと、子どもの全体を捉えた健やかな成長・発達にむけて子どもの全てに関わる小児専門クリニックです。

育児・子育てのミニ講座を開催

育児・子育てのミニ講座

診療外の時間に月2回行います。スタッフも私服に着替え、リラックスした雰囲気のなかで、育児や子育てについてお話をします。どんなささいなことも院長や看護師に気軽にお尋ねください。皆さんの声を聞くことが、私たちの勉強にもなります。

  • 安心してお子さまと過ごせるように
  • たのしく子育てができるように
  • お子さまがすくすく成長するように
  • 育児や病気の不安を解消して、
    自信を持って子育てできるように

木曜日・土曜日の午後に開催 詳しくはこちら

小児救急看護認定看護師がいます

急性疾患が多い小児科では、子どもの症状が急激に悪化する場合もあります。そのためより的確なアセスメント能力が求められます。来院してから早い段階で看護師による問診をタブレットで行うことで、院内での急変を予測しながら早期に治療につなげていける工夫も行っております。
小児救急看護認定看護師は、救急というイメージだけでなく、子どもの成長発達、育児支援や、お家で病気の子どもを看るためのホームケア指導など、幅広く活躍しています。
大きい病院だけでなく、クリニックにも存在することで、より小児医療の連携がとれることを目標に日々活動しております。

詳しくはこちら

院長からのメッセージ

竜美ヶ丘小児科 院長 鈴木 研史

竜美ヶ丘小児科のクリニックを始めるまでは、大学病院で早く小さく産まれた赤ちゃんや病気の赤ちゃんの新生児医療を中心に子どもの医療全般に携わってきました。
小児科の中で赤ちゃんの集中治療は、赤ちゃんの命を救うための救急医療と思われがちですが、入院してきた赤ちゃんは1週間から数か月、病気によってはそれ以上入院する場合もあります。産まれてきたばかりの赤ちゃんの命を救うだけでなく、元気に育って退院してほしい。そのためには医師だけなく、日々絶えず子どもたちを見守っている看護師の力の大きさとチームワーク(連携)の大切さ、お父さんお母さんたちとチーム一丸となっていく力強さを実感してきました。
小児科医として、子どもを診るとき、訴えのある病気だけではなく子どもの成長を常に考えながら全人的に診ることを基本にしてきました。そして、最も大切なのは、子どもにとって何が一番よいことなのか、子どもにとっての最善を目標として考えることです。これは、この竜美ヶ丘小児科を始めてからも変わりません。

院長 鈴木 研史

医師略歴

2000年 藤田保健衛生大学院 修了
刈谷総合病院小児科医長
2002年 藤田保健衛生大学医学部小児科講師
2005年 竜美ケ丘小児科 院長(継承)

資格・所属学会など

【資格】
小児科専門医、
JPLS講師(日本小児科学会)、
BLS・PEARS・PALSインストラクター(AHA)、
藤田保健衛生大学医学部客員講師、
【所属学会】
日本小児科学会、日本周産期新生児学会、
日本未熟児新生児学会、日本小児アレルギー学会、
日本小児救急学会、日本外来小児科学会、他。

栄養相談・食事指導を行っています

保育園・幼稚園・小学校の給食で食物アレルギーによる制限を行なっている方へ

生活管理指導表(診断書)の作成について

  • 食物アレルギー調査票に今の状況を記入して来院してください。
  • 受診する前に必ず受付に電話してください。
  • 来院時に調査票を受付に提出してください。

食物アレルギーなど栄養指導が必要な方には、栄養相談・食事指導を行っています

子どもの栄養・アレルギー専門の管理栄養士さんが、食事や栄養に関する問題や悩みにお応えします。

以下に当てはまる方はご相談ください。医師の診察のうえ、
予定を決めさせていただきます。

  • 離乳食が進まず、体重が増えなくて心配
  • 食物アレルギー(卵・牛乳など)といわれた
  • 鉄欠乏性貧血といわれた
  • 肥満で食事に気をつけなさいといわれた

水曜日午後2時45分〜(隔週)お一人30分

お子さんが、診療時間外で急に体調が悪くなったときは

「子どもの急病ガイドブック」などに対応方法や医療機関などの情報が載っています。

【岡崎市医師会夜間急病診療所】 受付:19時半〜22時半
診療時間:20時〜23時
休診日:なし
電話番号:0564-52-1906
【休日緊急当直医療機関】 日曜、祝日、年末年始(12/31〜1/3)
受付:9時〜12時 14時〜18時
*当直医療機関は、市政だよりで確認してください。
【小児救急電話相談(#8000)】 受付:19時〜翌朝8時
電話番号:#8000 (短縮が使えない場合:052-962-9900)
  • 以上で対応ができないときは、3次救急医療機関の岡崎市市民病院を受診してください。
    電話:0564-21-8111